『こ・こ・おと』会
音と感覚のワークショップ


第1回からのここおと会の記録
  


次回日程は決まり次第、掲載します。

於:金剛院(真言宗豊山派)
 豊島区長崎1−9−2(西武池袋線「椎名町駅」下車すぐ)

 

【ここおと】は、

参加者のみなさんの内的な感動の響きを、声(音)にするワークです。

テーマから抱いた「直観的な印象」を声にします。

「その音はどんな音だ? 声にしてみよう〜」というワークショップです。

直観を高めるワークや、感覚を拓くワークも行ないますよ♡

最後には参加者みんなの声を、うたにします♪

 

音は印象を、心と感覚に伝えます。

環境音楽が、
リラクゼーションの時や瞑想の時、場を清める時に使われる理由です。

音の周波数(振動)が、その場にあるモノを振動させて、共振させます。

乱れた自己、もしくは場に、
一定のある音を振動させて、整える、、調和するのです。

 

 


★ ☆ ★
 

「こ・こ・おと」を起草したときのテキスト

(以下)

 
 乳幼児は、「異」「死」「違」に近い存在だ。
生も死も、正も邪も整理されない未分化世界に漂っている。
 
「人として」の前に生命、根源的なモノに近い乳幼児、
彼らは「人」の言葉で己の内的な経験を語れない...
 
『uwhuu....xiuii』
 
と、言葉にならない音を発している
 
しかし、その音に母は呼応する。
平然と呼応する。
わからないという顔をしないで・・・
『uwhuu....xiuii』
 
 
母子のやりとりは「隠された歌」
調和しながら波を保ち流れてゆく。
 
その歌は、部外者にとっては暗号そのものであり、

ミュータントの呪い世界に足を踏み入れたかの様な危うさを覚えさせる。

 
しかし同時に、
その歌によって私達は、古(いにしえ)の仲間との記憶を思い出す。
ある種の感覚が立ち上がるのを知る・・・
 
 
そんな魅力的な世界に生きていた私達・・・
いつの間にか
自分が乳幼児(異の存在)であったことを忘れて生きている日常時間
 
これは、
ツマラナイ。
 
 

創造の基を
わたしたちはいつも共有している。

  

 

第1回からのここおと会の記録と感想

 
   
   

 

ここおと会 申込み

金剛院で行なわれている 音と感覚のワークここおと会への申込みはこちらです。

お問合わせ